12月 13

国内線の飛行機は格安で乗れる

やっぱり安いぞLCC

お正月に、とある国内へ旅行に行こうと思い、LCCのホームページを開いてみました。

そして、利用したい日にちや、行き先等を入力し、予約する前画面まで表示させてみました。

そして、その時に表示された金額にまず驚いてしまいました。

あまりにも大手飛行機会社と比べ、格安だったからです。

予約も簡単ですぐにできる

私はお正月にとある国内へ旅行に行くため、LCCの飛行機を利用してみたく思い予約してみました。

ホームページも分かりやすく構成されているので、予約は迷わずにすることがでしました。

ただ驚いたことは、座席を選択するだけでも追加料金が取られるということです。

ある大手の飛行機会社であれば通常金額に加算することなく、そのままの金額で空いている座席を自由に選べます。

しかし、LCCの場合座席を選ぶ際には追加料金が掛かったり、座席を選択できるプランを追加して購入しなければならないのです。

また、受託手荷物に関しても同様で、最安のプランには受託手荷物を預ける料金が含まれていないことが多々あります。

しかし、LCCは格安なので、それらは仕方のないことだと思い諦めがつきます。

飛行機の遅延が頻繁に起こる

LCCの最大の欠点は、飛行機の遅延が頻繁に起きることだと思います。

実際に私がお正月に利用したLCCは、搭乗前から出発予定時刻より2時間も遅れて出発する予定に既に変更されていました。

これらの遅延は安くチケットを買ったので、しょうがないかと諦めがつく人もいるかもしれませんが、予定が詰まっている人であればたたどこではないと思います。

私が乗ったその飛行機はさらに、お客様を飛行機の中へ搭乗させた後にさらにトラブルがあったらしく、飛行機の点検のために30分機内で待たされることになりました。

結局、2時間半も遅延したこととなりました。

ですので、LCCを利用する際には、遅延することを事前に頭に入れたうえで、余裕をもって予約することをお勧めします。

機内の乗り心地は良い

LCCは格安飛行機なので、機内はとてつもなく狭いのではないかと思っていました。

しかし、機内は大手飛行機会社と比べると確かに狭いですが、足元は程よくゆとりがあり、小さめの手荷物も置くことが出来るくらいのスペースはありました。

ラジオを聴くためのイヤホンは置いていなく、ゴミ袋も用意されていませんが、とてもシンプルで、移動するためだけと考えるのであれば不自由することは無いと思います。

機内に飲み物のサービスはありませんが、機内販売は行われていますので、飲みたい人は購入することが出来ます。

ですので、機内では快適に過ごすことが出来ると思います。

飛行機を降りてから受託手荷物を受け取る際も、とてもスピーディーに対応して頂けますので、最後まで気持ち良く利用することができます。

12月 13

格安で直前になっても正月の国内便を獲得する方法

格安で直前になっても正月の国内便を獲得する方法

正月に合わせて国内便を予約しておいても帰省できるかどうかわからないのが私の常でした。

飛行機で帰るのが速いのでいつも利用していますが、直前になっても正規料金よりは格安で手に入れるために工夫をしています。

LCCを事前に予約した失敗経験

正月に帰省するつもりで国内便の予約をしたことがありました。

社会人一年目のときには忙しくて帰省できなかったのですが、二年目になって少し余裕ができたので予めLCCを利用して格安航空券を予約しておいたのです。

飛行機のアクセスが良い場所に実家があるので行きも帰りもフライトを選ぶのが合理的でした。

しかし、直前になって仕事が忙しくなってしまって帰れなくなってしまい、キャンセルせざるを得なくなったのです。

既に決済済みだったので大半をキャンセル料として持っていかれることになりました。

格安航空券を正月に手に入れるためには競争に勝つようにして獲得しなければならず、決済も済ませてしまわなければならないのが事実だったので仕方ないでしょう。

直前に手に入る正月の航空券の実情

LCCを早めに買ってキャンセルするというのを毎年繰り返したくはなかったので、翌年は直前に帰る航空券で帰れば良いと考えていました。

帰れるという見通しがたってから航空券を確認してみたところ、大手の会社なら少しだけ空きがあることがわかりましたが、料金がとても高くて諦めようかどうしようかと悩むほどでした。

陸路でも帰れないわけではないのでその検討もしようかと考えました。

しかし、何か良い方法があるのではないかと考えて友人に相談したところ、航空券が売れ残っているのなら二つの可能性があると言われたのです。

一つは直前のバーゲンセールを狙う方法でした。

正月ではまずうまくいかないという但し書き付きだったのでそれは諦め、もう一つの方法を採用したのです。

株主優待券を活用する方法

もう一つの方法は株主優待券を活用して割引をしてもらう方法でした。

今さら株主になっても優待券は間に合わないと言ったら、金券ショップやオークションで買えるから大丈夫と言われて探してみたのです。

オークションではかなり高額になっていましたが、会社の近くにある金券ショップでは比較的安く扱っていたので、それを購入して大手の会社で予約しました。

もう少し早く株主優待券を手配しておくと相場が低めで書いやすかったとは友人から言われましたが、当面は正月の国内便を買うときにはこの方法を取ろうと決めました。

かなりの数の株主優待券が出回っているようなので、年末が近くなってしまってからでも手配できるという安心感もある方法です。

12月 13

初めての正月旅行で実現した格安チケットの手に入れ方

初めての正月旅行で実現した格安チケットの手に入れ方

国内線の価格が釣り上げられる正月に飛行機旅行に行こうと初めて計画したときにはいかにして安くするかが大きな問題となりました。

どうしても旅行に行きたい理由があったので格安で手に入れられる方法を探したのです。

記念だからこそ探した正月の格安旅行

正月は実家で過ごすのがいつものことだったのですが、結婚して最初の新年を迎えるときだったので旅行に行きたいと夫婦で意見が一致しました。

旅行の帰り道に各々の実家に行って挨拶をして帰ってこようと計画したのですが、行きたい場所がまた意見が一致して北海道だったので飛行機を予約せざるを得ませんでした。

国内線の価格が釣り上げられる時期なのでいかにして安くするかが課題となりました。

新婚生活を始めてまだ短いので十分に貯蓄があったわけでもなく、帰りに各々の実家に行く交通費も考慮すると格安のチケットが手に入らないと旅行に行くのは難しいという判断になったのです。

それでも一年目の記念だから頑張ろうと夫婦で一致団結してチケット探しをしました。

ツアーで予約が確実で安いと判明

最初はいわゆる比較サイトを利用して飛行機を予約しようとしていたのですが、売り出し始めたところでやはり高いということに気づいて怖気づいてしまいました。

年末に現地入りして二日にはこちらに戻ってこなければならなかったので最も値段が高くて需要も高いのでしょう。

躊躇している間になくなってしまうかもしれないので予約だけして決済はギリギリまで待つことにしました。

その間に他の方法がないかと探してみることにしたのです。

そのときに気づいたのが北海道のツアー旅行のプランでした。

年末年始を北海道で過ごすというプランが目についたので手にとってみたところ、航空券代に少し上乗せするだけでホテル代を払えてしまうとわかりました。

ツアー比較で獲得した格安のチケット

正月に北海道に行くプランはかなり豊富にあったので、この中に格安のものがあるだろうと考えて夫婦で一緒に探しました。

ホテルも少しは贅沢したいという気持ちがあったのでツアーで採用されているホテルは適度という印象があり、むしろどのツアーにするかで悩んだというのが事実です。

どれも総じて見れば格安なので北海道でやりたいことがしっかりと詰まっているものを選び出すことの方が重要でした。

もうこの時点で予約しておいた航空券はキャンセルして、ツアーが決まったら予約するだけにしてしまいました。

まる二日ほど相談した結果として景色の良い眺めが楽しめるホテルでのんびりできる二泊のツアーを選び、無事に格安チケットも同時獲得できたのです。

12月 13

工夫をして見つけた正月の安い国内線

工夫をして見つけた正月の安い国内線

正月の帰省ラッシュの時期に旅行に行こうと考えても飛行機の手配が難しくて困ったことがありました。

国内線の航空券を格安で手に入れたいと考える時期が遅すぎたのが問題でしたが、何とかして手に入れようと工夫したのです。

正月の帰省ラッシュでも旅行へ

飛行機を手配して正月に旅行に行こうと決めたのは自分で計画を立て始めたからではありませんでした。

たまたま秋頃のセールで行っていた商店街の福引で二泊三日のホテルの無料券が当たってしまったからです。

その対象期間が正月になっていたからなのですが、当初はあまり行こうとしていなかったので航空券の手配をしていませんでした。

ただ、少ししてから家内が突然そのことを思い出して行こうと言い始めたので航空券探しを始めたのです。

帰省ラッシュの時期なので国内線の格安航空券を探しても売れ残っているはずもなく、大手会社の航空券が少し売れ残っているという程度でした。

しかし、航空券代が高くてはせっかく無料で泊まれる意味がないと考えて何とか安く手に入れようと考えました。

最終的に目を向けたオークションと金券ショップ

航空券探しの方法として検索サイトを毎日見るという生活をしていたものの、一向に新しく航空券が出回ってくる様子もありませんでした。

夫婦二人分の航空券を手に入れなければならないということもあり、キャンセルが出ても簡単には手に入らないだろうと考えて別の方法を探すことにしました。

家内も少し納得してくれたようで、もし格安で航空券が手に入ったら行こうということで了承してもらえたのがその頃のことです。

しかし、自分もせっかくだから行こうと思ってあらゆる手段を使って探してみようという気持ちになりました。

最終的に目を向けたのがオークションと金券ショップでした。

不要になった人が手放してくれるかもしれないと考えたからです。

オークションで落札できた航空券

正月の航空券がオークションに出てくるかどうかは疑問でしたが、近くなってから往復の航空券が二枚分登場しました。

日程的には一日長かったのですが、一泊分くらいは別の所で確保しても良いだろうと考え、落札して名義変更を行ってもらったのです。

名義変更の手数料を含めても格安だったのは明らかであり、閑散期と対して変わらない価格で飛行機の手配ができました。

ただ、一日長くした分のホテルの手配をその時点ではしていなかったのを後悔したのも事実です。

どこも結局いっぱいだったので、現地に行って借りたレンタカーで車中泊をすることになりました。

それもまた良い思い出だということにしていますが、慌てずに宿泊先の手配ができるかも確認すれば良かったでしょう。

12月 13

正月の国内線を獲得するのに大切なタイミング

正月の国内線を獲得するのに大切なタイミング

実家に帰るには必ず飛行機をしようしなければならないので正月に帰省するときには計画的にチケットを取っています。

国内線をこの時期に格安で取るためにはタイミングが重要であり、うっかり取り逃して苦労したこともありました。

正月のチケットを取るタイミング

毎年の正月の帰省で購入する国内の飛行機のチケットはいつも夏に買うというのが基本になっています。

通常は格安チケットを購入しようとすると2ヶ月から3ヶ月前頃に調べるでしょう。

正月以外のときには私もそのようにしていますが、異常なまでの繁忙期なのでチケットの出始めに合わせないと格安のチケットはなくなってしまいます。

毎年売り始めのタイミングは少しずつ違うものの、概ね8月のお盆を過ぎた辺りから9月の上旬に売り始めることが多いので、このタイミングでニュースと検索サイト、オフィシャルサイトに目を凝らしておいて、売り出し日が確定したらカレンダーに記入して忘れないようにしています。

これをやらなかったがために苦労したこともあったからです。

買い遅れで行ったキャンセル待ち

一番大変な目に遭ったのは初めての帰省のときでした。

大学生になって上京し、初めて帰省したときには航空券を早めに取ろうという考えはもともとありませんでした。

12月に入ってから正月頃に帰ろうと調べてみたものの、チケットが完全に売り切れてしまっていてどうしようもないとわかったのです。

ただ、親にはあまり心配をかけたくないという気持ちがあったので、結局は空港まで行ってキャンセル待ちをして乗りました。

意外にキャンセルが多かったので朝から行って昼過ぎの便には乗ることができましたが、料金も正規料金だったので高く、格安チケットを何とかして取らないと毎年正月になる度に破産寸前になってしまうと考えるようになったのです。

取り逃しても運が良かったときもあり

正月だから必ず混み合ってしまうのが国内線の飛行機ですが、ほんの少し時期がずれるだけでも格安チケットが残る場合があります。

正確に言えばキャンセルがあったのでしょう。

大学生の時期にチケットの取り忘れをしてしまって11月になってから探し始めたのですが、毎日執念深く検索を続けていたらクリスマスの日の便であれば取れるということに気づいたのです。

運が良かったとしか言いようがありません。まだ一ヶ月と少し前だったので早期割引も適用できたので、格安とは言わないまでも割安で飛行機のチケットが手に入りました。

その代わりに一日だけ大学を休むことにはなってしまいましたが、正月なので仕方なかったと説明して所属先の研究室にも納得してもらえたのでした。

9月 29

お得に飛行機に乗れる格安航空券とは?

現地でいっぱい楽しみたい

旅

沖縄やハワイ、ニューヨーク、ヨーロッパ…行ってみたい見てみたいという場所は山ほどあるでしょう。

しかし、旅行に行くとなると旅費が重荷になり行けずじまい。

そもそもなぜ旅行はこんなにもお金がかかるのでしょうか。

そのうちのひとつが航空券です。

航空券は旅費の3分の1を占めているのです。

つまりここを抑えることができれば旅費が浮くことになるのです。

様々な買い方や種類がある

航空券にもいくつか種類があることをご存知ですか。

国内や海外に旅行に行く時、飛行機に乗ろうと思えば「航空券(チケット)」が必要になります。

このチケットを売り出しているのはJALとかおおて、LCCなどの航空会社ですが、通常運賃で売り出しているのは「正規航空券」などと呼ばれています。

これに対して「格安」航空券とは、一定の条件のもとで割引を行ったチケットのことです。

また、サービスの簡略などで低い運航費用を実現している航空会社が発売するチケットがあります。

海外旅行では、旅行会社がまとめて購入したチケットを特別に旅行会社がばら売りしてますね。

さらにややこしいのは、海外旅行のチケットにはなんこが商品があり「PEX航空券」というチケットがあることです。

安くして発売している航空券のことで、旅行を扱う会社がばら売りするチケットと同様、「格安航空券」と呼ばれることがあります。

メリットは、言うまでもなく「料金が安いこと」なのですが、実は悪い点もあります。

まず、キャンセルによる払い戻しができないこと。

急に飛行機に乗れなくなった場合、普通運賃のチケットならばチケット代を返還してもらえます。

しかし、安さの理由に「払い戻さない」「確実に料金を回収する」という目的がありますので、キャンセルはげんそくとしてできないです。

そして、経路の変更もできません。

普通チケットなら、帰りの日をもう一日延ばそう!という飛行機も変えれます、JALやANAなどの大手航空以外の格安航空券はそれができません。

決められた日の決められた時間の便に乗らなければいけないのです。

どこで買えるのかというと、旅行会社や専門サイトで購入できる仕組みになっています。

普通チケットのように、空港の受付では買うことができません。

格安航空券のサイトには老舗と呼ばれるサイトがいくつかあります。

サイトで格安航空券を買う時に注意したいのが、燃料代やその他の経費がふくまれている点です。

「安い!」と飛びついたのは良いけれど、その価格に燃料代などが含まれていなければ、他のサイトと変わらないかもしれないのです。

航空券が総額表示であれば、一目瞭然でチケット代を比較できますが、サイトによって表示はまちまちなので気をつけてください。

また、サイトによってチケットの買い方も違いますし、繁忙期になると安いチケットはすぐに売り切れてしまいますので、お気に入りのサイトを見つけて素早く購入できるように使い慣れておくことをオススメします。

格安航空券はJALやANAなどでも販売していますので、大手航空会社で安心して購入する事も可能ですので自身にあった方法で格安航空券を購入しましょう。

9月 28

格安航空券サイト・トラベルコちゃんとは

検索不動の1位を誇るトラベルコちゃん

トラベルコちゃん

格安航空券という単語で検索すると、トラベルコちゃんというサイトを見つけることができます。

このサイトは旅行会社のサイトではなく、約300社の旅行会社の情報を集めた旅行比較サイトになります。

検索は勿論ですが、国内外のパックツアーやホテル予約なども調べられます、旅行に役立つ新しい情報も満載です。

比較対象が多いので、旅行会社ごとにサイトを行ったり来たりして代金を比較する手間が省けるのでとても便利です。

ただし、膨大な情報からか、時々ページ表示が重たくなることもあります。

トラベルコちゃんで表示される格安航空券の料金には、燃料代や諸税、経費など、購入する人が支払わなければいけない金額がすべて含まれています。

検索して表示された金額がすべてなのです。

正確にはここで買ってるわけでない

ただし、実際にそのチケットを購入しようとした場合、発売している旅行会社のサイトにリンクで飛ぶシステムになっています。

トラベルコちゃんのサイト内で購入できるのではありません。

また、実際に表示される「最安値」と書かれたチケットを探してみても、売り切れていることがあります。

空席のみを表示しているのではありませんので気をつけましょう。

格安航空券の最安値を調べるには便利ですが、何度も「売り切れ」という現実に直面して疲れてしまうこともあるかも知れません。

海外旅行の達人から人気があるのは、open-jawや周遊チケットと呼ばれるタイプのチケットを検索できる機能を持っていることです。

オープンジョーとは往路と復路の発着地が異なる往復のチケットで、あちこちを旅行したい人にとってはありがたいチケットなのです。

周遊チケットも発着地が異なりますが、周遊という名の通り、発着地の間も飛行機での移動になるチケットです。

まさに、飛行機での周遊ができるチケットなのです。

オープンジョーや周遊チケットを使えば、発着の場所に合わせて各地を巡る旅行日程を立てることが可能になります。

トラベルコちゃんではこのタイプのチケットもたくさん取り扱いがあります。

旅行に慣れた人で、自分で旅行の日程を組みたいという人にはおススメのサイトです。

予約手続きを行う旅行代理店を「日本語に対応したサイト」のみを選んで検索することも可能です。

海外のチケットを検索すると、海外の旅行先にとんでしまうので、日本語での表示ができないということもありますが、トラベルコちゃんでは検索する前から日本語対応サイトに絞り込むことができる仕組みになっています。

9月 28

格安航空券サイト・魔法のじゅうたんとは

魔法のじゅうたんとは

魔法のじゅうたん

株式会社JTIという千葉県にある会社が運営しているサイトです。

8社の航空会社のチケットを、運行路線ごとに一括で検索して比較できる便利なサイトです。

他の格安航空券のサイトに比べて取扱い航空会社の数などで規模は劣りますが、とても使いやすいとネット上では評判が良いようです。

航空券の割引率が高い

このサイトの大きな特徴は他にもあり、「株主優待割引チケット」や「超特割8」と呼ばれる割引率の高いチケットを選ぶことができるのです。

株主優待チケットとは、航空会社の株主で手に入れることができる割引率の高いチケットです。

チケットを購入することができるのは株主に限られますが、使用するのは株主でなくても構いません。

株主優待チケットがなぜ市場に出回っているのかというと、飛行機に乗る機会の少ない株主がチケットを転売したり、旅行会社が優待チケットをまとめて購入して格安航空券として販売したりしているからです。

一般企業の株主優待券は、企業が株主に対して感謝の気持ちを表現したり、利益を還元したりする目的で、株主にプレゼントされるものです。

優待券をたくさん購入したい!と思っても、プレゼントされるものですから数に限りがあります。

しかし、航空会社の株主優待は、チケットを何度も優待価格で購入できてまとめて買って格安航空券として売り出すことが可能なのです。

超特割8は、航空会社が早期予約を行う特典として大幅に割引するチケット。

超特割8などは、格安航空券の中でも特に安い航空券ですが、買えるサイトはまだまだ少ないのが現状です。

魔法のじゅうたんは、通常の格安航空券だけでなく、大幅に割引された各種チケットを検索することができるので、よりお得に飛行機に乗りたい人に人気があるのです。

航空会社が8社と限定されているのも分かりやすい理由です。

サイトを運営する会社は旅行代理店でもありますから、羽田発着の宿泊付き往復航空券の手配も格安でお願いすることも可能です。

時間と発着空港を指定すれば、空席のある便と料金がスッキリ見やすい一覧表で表示されます。

乗りたい便を選んだら、後はネット上で支払いからチケットの受け取りまで完了しますので、飛行機に乗るだけです。

手続きがとても簡単なことも人気の理由の一つになっています。

電話でも予約が可能で、予約の際に分からないことがあったら電話で丁寧に教えてくれるサポート体制も好評です。

9月 28

格安航空券サイト・リアルチケットとは

リピート率50%近くと破格の強さ

リアルチケット

格安航空券の購入において、リピート率が46%以上と、2人に1人がリピートしているほど安定した人気を誇るサイトが「リアルチケット」です。

国内外の格安航空券専門サイトで、ANAやJAL、LCCであるjetstarやスカイマークなど、合計12の航空会社のチケットをまとめて検索できます。

※海外発日本行きのチケットの取り扱いはありません。

※海外の場合は行きのチケットのみを検索できます。

サイトの検索ページでは、フライト予定の日時と発着地を入力すればボタン一つで各航空会社の空席状況が確認できるシステムになっています。

個別の航空会社での検索も可能ですから、金額を比較したりお気に入りの航空会社の空席を確認したりと使い方は色々と選べます。

空席の無い便も表示されますが、一覧表に「×」の記号で表示されていますのでとても分かりやすく、ずっとたどって行って最終的に空きがない、という無駄な時間を取ることもありません。

「○」がついた便、もしくは空席数を表す数字が表示されている便を選べばよいだけです。

愛される理由

なぜ、高いリピート率を誇っているのか、その大きな理由は3つあります。

まず1つ目は、検索から予約完了までの操作がとてもシンプルで分かりやすくスピーディに予約を完了できる点です。

分かりやすいフライト一覧表で希望の便名をクリックしてログインするだけで予約画面へと進むことができます。

2回目からは情報が記憶されますので、ログインすれば基本情報の入力は必要なくなり、さらに早く予約を済ませることができるのです。

2つ目の理由は、問い合わせに対して返信がとても早いこと。

メールで問い合わせをしても、速やかに答えが返ってきます。

これは急ぎでチケットを探している人や、あまりチケットを購入したことの無い人に高い評価を得ているポイントです。

3つ目は、スタッフの対応の良さ。

2つ目の理由と重なる点もありますが、問い合わせが速やかというだけでなく、希望するチケットが満席の場合でもすぐに代わりのチケットを探してくれるなど、しっかりと相談にも乗ってくれて、特に旅行初心者の方の不安を和らげるサービスが、高評価を得ている理由になっています。

リピート割引が用意されているのも、リピート率を上げている理由ではないでしょうか。

ログインして往復の飛行機を予約すると、予約一件につき500円が割引されます。

ビジネスで何度も飛行機を利用する人などにとても人気の割引サービスです。

9月 14

格安航空券サイト・スカイチケットとは

国内人気上位の代理店

スカイチケット

スカイチケットは、一般の利用はもちろん、ビジネスで飛行機を頻繁に利用する個人や企業からとても高い評価を得ているチケット検索サイトです。

当日券も検索して予約できることや他のサイトに比べて格段に使いやすいサイト構成が人気の秘密です。

利用者を意識したサイト構成

トップページで日付と発着空港を入力すればすぐに予約できる便が航空会社別に金額とともに一覧表で表示されます。

希望の便の金額をクリックすればすぐに名前などの基本情報の入力画面に移動します。

手元にクレジットカードを用意していれば、数分で予約が完了してしまうインターフェースの使い勝手の良さは他を圧倒しています。

直感的にサクサク検索できるので、日ごろパソコンを使う機会の少ない人でも、簡単に格安航空券の予約ができてしまいます。

メールで空席の紹介などの相談をすれば、トラベルアドバイザーがすぐに対応してくることも魅力の一つです。

スカイチケットのトラベルアドバイザーは毎日国内の格安航空券をチェックしていますので、目的に合ったチケットをすぐに探し出すことができるのです。

多くの人が利用できる体制

また、営業時間が長いのも魅力的です。営業時間は午前9時から午後7時まで。

これは相談窓口の営業時間で、予約はサイトから24時間いつでも可能です。

支払方法が、クレジットカードだけでなく、コンビニ前払いや銀行振り込み、ペイジーでの振り込みも可能となっているのも好評です。

支払方法も多種多様に

最近はネットバンクの利用者が増えてきました。

そのような人でも、クレジットカードを使いたくないという人でもネットバンクを利用して速やかに入金まで完了できるので、家や会社から一歩も出ずに、予約からチケット受け取りまでスピーディに完了してしまうのです。

(Skymarkの場合は、航空券引換え証を印刷する必要がありますが、その他の航空会社の場合は搭乗券予約番号を空港カウンターで入力して搭乗券を受け取ります。)

航空会社を選んで検索することも可能です。

スカイチケットがとても分かりやすい構成になっている理由の一つに、航空会社の企業カラーを積極的に使っているという点があります。

例えば、ソラシドエアーを選択して検索ページに移動すれば、ホームページのバナーなどがソラシドエアーのカラーである黄緑色であちこちに配置されています。

このページはソラシドエアーの予約ページであると直感的に分かりやすいのです。

LCC各社で既定のある手荷物のサイズなどの約束事についても、イラストや大きめの文字で分かりやすく表示されています。

直感的に分かりやすいということは、チケットの購入ミスも少なくなるということです。